審査にとおりやすいスペック

審査にとおりやすいスペック

審査にとおりやすい人ととおりにくい人をまとめてみましたので参考にしてください。
改善できることは改善するようにして、審査にとおるようにしたいものですね。

 

→審査にとおりやすい人
職業は公務員が一番とおりやすいと言われています。次に上場企業の社員、中小企業の社員です。
自営業者や契約社員、パート、アルバイトはとおりやすいとは言えませんが、年収や他からの借入金によって左右します。
※公務員は最強のようです。
実際に公務員の人に聞いたことがあるのですが、どこかで名簿が流出しているのかはわかりませんが、お金を借りませんかとか投資をしませんかというような誘いの電話が職場にかかって来ることもあるようです。

 

家は持ち家の方が財産があるという意味で審査にとおりやすいです。
過去に借り入れをしていた経験は、返済をしっかりしていたのであれば逆に高評価につながります。

 

→審査にとおりにくい人
職業というより、在籍期間が短いと一般的に厳しいです。半年以内はかなり難しいですし、1年以内でもどうかなという印象です。
しかし、勤め先のスペックが高い場合は短くても審査にとおることもあるようです。
支払いが遅れた経験が3回以上あるという場合は支払ってから5年間は延滞者リストに記載されているので借り入れは難しいかもしれません。